【毛活プログラム:内服療法】根本原因に働きかける内服療法

なぜ内服療法を行うのか?

薄毛治療は近年、病態の解明が進むとともに有効な内服、外用の治療薬が開発されたこともあり、内服と外用を組み合わせた治療が一般的ですが、薄毛の原因はホルモンに関する影響が大きいため、まず内服薬による投薬治療を基本とする例が多くみられます。

ホルモンに作用し血流改善の有効性が認められている内服薬の処方が、医療現場でまず優先されている治療となります。

男性に処方される内服薬の種類と効果

男性の薄毛は、テストステロンが5aリダクターゼと結合し、脱毛作用を起こすDHTが生成されることによって引き起こされるため、男性ホルモンがDHTに変化しないよう5αリダクターゼとの結合を阻害する内服薬を処方します。

この5aリダクターゼはⅠ型とⅡ型があり、Ⅰ型は全身の毛乳頭細胞にあるのに対して、Ⅱ型は男性ホルモン作用を強く受ける髭や前頭~頭頂部の毛乳頭細胞に分布しています。

Ⅱ型を阻害する「フィナステリド」と、Ⅰ型Ⅱ型の両方を阻害する「デュタステリド」の2種の内服薬があり、それぞれDHTの産生を阻害し脱毛を抑制する効果が認められています。

また2大要因のひとつである「血流」に効果をもたらすのが「ミノキシジル」で、もともとは高血圧治療の血管拡張剤として使用されていた治療薬ですが、後に髪を育成し脱毛症を改善させる効果が認められたため、世界で初めて認可された脱毛症の治療薬です。

頭皮をはじめ全身の毛細血管の血流を高め、毛乳頭への栄養供給を促す効果があります。

「ミノキシジル」には頭皮に塗布する外用薬もありますが、内服薬は吸収が早く、より高い効果が期待できるため、日本でも広く処方されています。

これらは全て医薬品であるため医師による処方が必要となります。

男性に処方される内服薬の副作用

内服薬の「フィナステリド」「デュタステリド」にはEDや性欲減少、胃部の不快感、多くみられるのが女性化乳房などの副作用があります。

また、女性の場合は効果が認められていないだけではなく、妊娠中に服用すると男子胎児の生殖器官に異常をきたすおそれがあることから服用自体が禁止されています。

触れるだけでも、有効成分が体内に吸収される場合があるため、妊婦または妊娠の可能性のある女性は触れることにも注意が必要です。

そしてミノキシジルは、多毛症や頭皮のかゆみ、動悸、めまい、倦怠感、肝機能障害といった副作用があげられます。

この他にも指の産毛など全身の毛が濃くなりやすい症状が見受けられますがデメリットというよりは全身隅々まで血流改善が行われている証しでもあります。

女性に処方される内服薬

女性の薄毛はびまん性脱毛症と言われる髪全体のボリュームがなくなる症状や、分娩後脱毛症などが多く、アミノ酸やタンパク質などの栄養成分を主としたサプリメントに近い医薬品の処方が一般的です。

これまで女性の治療には注射などの外用療法が主流でしたが、このような薬の登場により近年では内服療法も合わせて行えるようになりました。

栄養成分を主としている為、安全性が高く長期間の服用も可能で、大きな副作用は報告されていませんが、成分に対するアレルギーなどがある方は医師との相談が必要です。

また子供に対する臨床実験はまだ十分とは言えず、12歳未満の子供は服用出来ません。

内服薬は高い効果を見込める分、副作用というリスクも併せ持っています。
>「ヘルス&ビューティータイムズ」

「ヘルス&ビューティータイムズ」

前向きで自分らしく、充実した人生を全うするためには
自分の身体のことを知り、理解を深めることが大切です。
明るい未来への第一歩を踏み出すきっかけとなれるよう、
「いつまでも美しく、健やかな毎日を送ってほしい」という想いをもとに
健康・美容・予防医療に関する様々な情報をお届けしています。