【薄毛のメカニズム】薄毛かな?と思ったら早めの対策が鍵!

男女で異なる発症時期と原因

男性の薄毛は20~30代から薄くなり始め、額の髪の生え際が後退したり、頭頂部の毛が薄くなるケースが大半であるのに対し、女性の場合は40歳ぐらいから頭頂部を中心に薄くなっていき、年々抜け毛や頭頂部などのボリュームの低下が見られる「びまん性脱毛症」が特徴です。

髪には寿命がある

毛母細胞の分裂は永遠に続くわけではなく、40~60回と分裂できる回数に限りがあります。

正常な周期で2~6年と言われており、通常寿命は80年以上と一生に十分な期間の分裂を繰り返すことができます。

しかし「ヘアサイクルの短縮化」で1年未満と短い周期で生え変わりを繰り返していると20~40年ほどで寿命を迎え、髪の毛が生えてこなくなってしまいます。

細胞分裂を繰り返し寿命を迎えた毛母細胞は再生する事はありません。

だから髪の寿命を迎える前に「ホルモン」と「血流」に着目した、「ヘアサイクルの正常化」を目指した対策やケアがとても大切なのです。

髪の毛には寿命があるために早めの対策を!
>「ヘルス&ビューティータイムズ」

「ヘルス&ビューティータイムズ」

前向きで自分らしく、充実した人生を全うするためには
自分の身体のことを知り、理解を深めることが大切です。
明るい未来への第一歩を踏み出すきっかけとなれるよう、
「いつまでも美しく、健やかな毎日を送ってほしい」という想いをもとに
健康・美容・予防医療に関する様々な情報をお届けしています。