【毛髪に不安を感じたら】一朝一夕では叶わない育毛ケア

育毛ケアは時間がかかるもの!最低でも半年以上

髪の毛には毛周期があり、基本的にはその毛周期に沿って生えるタイミングがあります。

何かをしたから全ての毛穴から同じタイミングで髪の毛が生えるという事にはなりません。

2〜3ヶ月の休止期から脱毛期、新生期を経て目に見える変化まで男性は最低半年〜1年、女性の場合は毛周期も長い事から最低1年以上はコンスタントにケアを続けて下さい。」

実感できる効果として、抜け毛が減った、細かな産毛がうっすら生えてきた、また髪も爪も肌の一部なので肌の調子が良くなった、爪が丈夫になったなどを患者様から聞く事が多いです。

これらの実感まで最低でも半年〜1年、内服、外用、セルフケアを根気よくコンスタントに続ける事がなにより大切です。

育毛によい生活習慣を心がけましょう!

内服療法、外用療法、セルフケアに加え、生活習慣の改善は育毛の基本であり、効果を最大化させる意味でもしっかりと心がけましょう。

【睡眠】

睡眠は量より質です。寝はじめて最初の3時間以内に、大切な成長ホルモンなどが大量に分泌されるため、寝る時間帯より最初の3時間ぐっすり眠る睡眠を心がけてください。起きたときに爽快感が得られるような、短くても深い睡眠をとっていれば問題ありません。

【喫煙】

喫煙は、タバコの中に含まれるニコチンが血管を収縮させて血流を悪化させるため、白髪や薄毛のリスクが高くなると言われています。喫煙者は禁煙を行うことで白髪・薄毛の改善効果を生み出すことができます。

【飲酒】

アルコールには成分を変性させる強い力があり、アミノ酸を含めたタンパク質や有効成分までも変性させる事と頭皮に悪影響を及ぼす為良くありません。またお酒に含まれるアセトアルデヒドも肝臓に大きな負担をかけてしまいます。

【運動】

男性の場合は男性ホルモンによる影響も大きいので、軽いジョギングやサイクリングなどのじんわり汗をかく運動をすると、悪性の男性ホルモンが汗と一緒に流れ出てくれます。逆に息があがるほどの激しい運動は、男性ホルモンを活発にしてしまうのでおすすめしません。

【入浴】

42~43℃の熱いお湯にしばらく浸かり汗をかくことも運動と同じく男性ホルモンを流れ出す事と血流が良くなる事からおすすめです

焦らず経過観察を必ず行い、小さな変化にも気づくようにしよう!
>「ヘルス&ビューティータイムズ」

「ヘルス&ビューティータイムズ」

前向きで自分らしく、充実した人生を全うするためには
自分の身体のことを知り、理解を深めることが大切です。
明るい未来への第一歩を踏み出すきっかけとなれるよう、
「いつまでも美しく、健やかな毎日を送ってほしい」という想いをもとに
健康・美容・予防医療に関する様々な情報をお届けしています。