【毛活プログラム:外用療法】ヒト脂肪幹細胞培養液は根本ケアを可能にした次世代ヘアケア

「ヒト脂肪幹細胞培養液」を自宅ケアに応用

「ヒト脂肪幹細胞培養液」はその多様な作用により、各医療分野で使用されていますが、近年では根本原因に働きかける次世代成分として一般商品にも応用されるようになり、自宅ケアにも取り入れやすくなりました。

しかし、優秀な成分であるヒト脂肪幹細胞培養液も浸透できなければ意味がありません。

直接頭皮に注射するメソセラピーに対して、頭皮に塗布する頭皮美容液を使用する場合、より浸透力に優れたものを選ぶことがとても重要です。

浸透性と持続性に優れた「リポソーム技術」

頭皮への塗布で浸透させるためには「リポソーム」化が鍵となります。

リポソーム化とは、医薬品も広く利用されている技術のひとつで、人の細胞膜と同じ分子であるリン脂質によってできている低分子化された多重層カプセルのことです。

分子サイズがとても小さく肌と同じ細胞膜構造であるため浸透性が非常に高く、各層に詰まった有用成分が少しずつ放出されるため、長時間にわたり効果が持続される特徴があります。

頭皮の奥深くにじっくり浸透し、ゆっくりと効果が持続することから、リポソーム化されたヒト脂肪幹細胞培養液を選ぶことがおすすめです。

頭皮美容液を選ぶポイントは?

自宅ケア用に頭皮美容液を選ぶ際は、次の3つのポイントを満たした商品を選ぶことが大切です。

①ヒト脂肪幹細胞培養液の濃度・活性が高いもの
活性が高く、3〜5%と高濃度に配合されているものがおすすめです。
ヒト脂肪幹細胞培養液はメーカーによってドナーや管理方法が異なるため、活性にもバラつきがあります。
そのためクリニックでも実績のある製品で、3〜5%配合しているものを選ぶことがポイントです。

 

②ノンアルコールのもの
原料を融解させるためにアルコール(エタノール)が配合されているものがありますが、アルコールにはアミノ酸を含めたタンパク質や有効成分を変性させる強い力があり、頭皮に悪影響を及ぼすだけでなく、培養液の活性にも影響が出てしまいますので、ノンアルコールのものを選ぶようにしてください。

 

③ヒト由来の安全性の高いもの
ヒト脂肪幹細胞培養液は幹細胞そのものを配合していないので安全ですが、より安心してお使いいただくためにも、国際基準での品質管理がなされ、ドナー選定などFDA基準で製造されているものを選びましょう。

 

ヒト脂肪幹細胞培養液はリポソーム化され、ノンアルコール処方のものを選びましょう。
>「ヘルス&ビューティータイムズ」

「ヘルス&ビューティータイムズ」

前向きで自分らしく、充実した人生を全うするためには
自分の身体のことを知り、理解を深めることが大切です。
明るい未来への第一歩を踏み出すきっかけとなれるよう、
「いつまでも美しく、健やかな毎日を送ってほしい」という想いをもとに
健康・美容・予防医療に関する様々な情報をお届けしています。