【毛活プログラム:外用療法】攻めの治療「毛髪再生メソセラピー」

「毛髪再生メソセラピー」とは?

薄毛治療の基本は「内服薬による投薬治療」ですが、より効果を高めたい場合に選択されるのが「メソセラピー」と呼ばれる外用治療です。

メソセラピーは成長因子(グロースファクター)や発毛促進に有効な成分を注射やレーザー、特殊パルスなどを用いて直接頭皮に注入し、発毛効果を早める最新の治療法で、内服薬がヘアサイクルを整え脱毛を防ぐ【守りの治療】なのに対して、細胞の活性や血流を促すことで発毛力を高めるメソセラピーは【攻めの治療】と言えます。

「実感するまでに時間がかかる」「AGA以外の効果が低い」「女性や特定の持病を持つ人は服用出来ない」といった内服薬のデメリットをカバーできるため、薄毛に悩むすべての方におすすめの治療法です。

毛髪メソセラピーの成分やその効果は?

メソセラピーには、細胞の増殖や分化を活性化させる成長因子をたっぷり含んだ「ヒト脂肪幹細胞培養液」や、血流を促す「ミノキシジル」、髪の栄養となる「ビタミン」「アミノ酸」などがブレンドされており、これを直接頭皮に注入すると、毛母細胞を再生させ、育毛・発毛効果を発揮するだけではなく、頭皮の状態を改善して健全で丈夫な毛包を育成し、正常で健康なヘアサイクルを作り出します。

発毛に重要な「ヒト脂肪幹細胞培養液」

再生医療の分野より誕生し、近年注目を集めている「ヒト脂肪幹細胞培養液」。

幹細胞とは、失われた細胞を再生して補い、組織の機能を回復させる働きがあり、ヒトの脂肪細胞から取り出された幹細胞を培養した際に得られる上澄み液のことをヒト脂肪幹細胞培養液と言います。

ヒト脂肪幹細胞培養液には、様々な生理活性物質である何百種もの成長因子やサイトカイン、インターロイキンなどや組織再生に必要なタンパク質が豊富に含まれ、細胞の受容体を結び細胞活性させる役割を果たします。

ヒト脂肪幹細胞培養液は細胞増殖を促し活性化する力があるため、薄毛治療にとても効果的です。

また薬剤が苦手な患者様には、自身の血液の中から成長因子を取り出して注射するというPRP(多血小板血漿育毛)療法という治療も行っています。

ヘアサイクルを正常に戻し発毛スイッチをONする「ヒト脂肪幹細胞培養液」
>「ヘルス&ビューティータイムズ」

「ヘルス&ビューティータイムズ」

前向きで自分らしく、充実した人生を全うするためには
自分の身体のことを知り、理解を深めることが大切です。
明るい未来への第一歩を踏み出すきっかけとなれるよう、
「いつまでも美しく、健やかな毎日を送ってほしい」という想いをもとに
健康・美容・予防医療に関する様々な情報をお届けしています。